ENTRY

アンバサダーのいいところを見つけ、
育成する

リテール統括部 クラブハウスチーム
アンダーアーマーブランドハウス有明
店長
永野 実津貴
Nagano Mizuki
仕事内容を教えてください
アンダーアーマーブランドハウス有明の店長として、大きく2つに重点的に取組んでいます。それは、【人材育成】と【店舗運営】です。
特に人材育成は簡単なことではありません。ただ教えるのではなく、まずは自分が圧倒的にできていなければなりません。一つ一つのことを何度も丁寧に根気強く教えます。とても大変な業務ですが、アンバサダーは、私たち店長にとって最も重要な存在です。だからこそ、しっかりと教え込むことが大切となります。コミュニケーションはとても取る方ですし、大切だと感じます。
また、店舗運営に関しては、売上予算に対してどう動くのか、どういう計画で行うのかをしっかりと考え、アンバサダーへ共有します。私一人では絶対に無理です。
まずは私が全力で行う姿勢を見せ、アンバサダーへの落とし込みをします。結果として売り上げはついてきます。
ドームユナイテッドへの入社動機を教えてください
兄が幼いことからスポーツをしており、アンダーアーマーの存在を知りました。スポーツブランドだということは知っていましたが、実際に着用すると、機能性がとても良く、驚いたのを覚えています。ただのスポーツブランドではないとなんとなくでしたが思っていました。
スポーツは元々好きでしたので、会社説明会に行き、そこでここだ!と思い入社を決めました。私は大学時代本格的にスポーツをしていたわけではありませんが、会社の方針・理念にとても共感し、私もスポーツを通して社会を豊かにしたいと素直に思いました。
スポーツを多くの方にして頂き、素敵な人生を歩んで頂ける様、手助けしたいと思い、入社を決めました。
仕事のやりがい、達成感を得たエピソードなどを教えてください
■アンバサダーの成長
初めて店長をした店舗は決して良い店舗とは言えない店舗でした。挨拶もできない、笑顔もない、店長に対しての信頼も全くなくただ労働時間を何もせず過ごすだけといったような状況でした。
自分の目指す店舗は、笑顔溢れ、元気いっぱいの挨拶ができる店舗でした。まずはとにかくアンバサダーとコミュニケーションを取りました。仕事終わりには飲みに行き、とにかくアンバサダーとの時間を大切にしました。仕事においても分からないことを分からないままにせず分かるまで何度も教えました。すると数か月後には笑顔で出勤し私におはようございますと言っているアンバサダーで溢れていました。
そんな中、施設の方に「本当にアンダーアーマーの雰囲気変わったよね。」と言って頂け、店舗を去るころには契約社員を目指したいと言ってくるアンバサダーもいたり店舗としてとても成長することができたとき、私はこの仕事をやっていて良かったと感じました。
仕事を進める上で大切にしていることを教えてください
■相手の立場に立ち、行動・言動することを大切にしています。
常に思いやりの気持ちを持って行動できるようになりました。アンバサダーに対しても、アンバサダーがいるからこそ自分の立場があり、売上が取れるということを店長になって痛感します。誰も欠けてはいけませんし、私が店舗を守っていくのは勿論ですが、アンバサダーの皆さんの力があってこその店舗だという考えになり、常にアンバサダーには感謝しています。また、ダメな部分はしっかりとダメだということを言えるようになりました。ただ叱るのではなく、なぜだめなのか背景も一緒に伝えられるようになりました。逆に人のいいところを見つけることにも注力しています。

■優先順位を考え効率よく動くこと。
日々様々な業務がある中でいかにスピーディーに仕事が行えるかが大切です。同じ業務内容を毎日繰り返すのではなく日々様々な問題が降ってきます。その中でも冷静に仕事をしなければいけない為、とにかくどうしたらいいのか、常に優先順位を考え行動しています。
あなたにとってのドームユナイテッドの魅力を教えてください
■チャンスが沢山あること
何もできなくても、とにかくやる気さえあれば私たちを信じ、仕事を任せてくれるところが他の会社にない最大の魅力だと感じます。やりたいと言ったことに対し、私たちの意見を尊重してくれます。

■周りの方々が優しい
何でも聞いてくれる上司の方がいることはとても魅力的だと感じます。また、共に店舗の店長をしている同期たちを尊敬しあい刺激をもらいながら仕事ができています。
常に限界など決めず挑戦し続けることができるので私はこの会社で成長し続けたいです。
一覧へ戻る

ENTRY エントリーENTRY エントリー